お知らせ

2017/08/16
当講師が2017ショパン4月号に掲載されました!

 

 

 

 

 

 

 

お知らせが遅くなりすぎましたので、もう店頭にはなくバックナンバーしかありませんが、今年度の音楽雑誌ショパン4月号のいまどきの電子ピアノ特集で、カシオ電子ピアノ「セルヴィアーノ グランド ハイブリッド」について記事を書かせていただきました。
昨年よりカシオさんよりモニターに選んでいただき、これまでの電子とは全く違うグランドピアノのようなタッチ、素晴らしい音色、画期的な機能に大変驚きました。正直な感想を掲載しています。機会がありましたら、ご覧ください♪

http://www.chopin.co.jp/month/backnnumber/201704/👈月刊誌ショパン・4月号バックナンバー

http://music.casio.com/ja/products/digital_pianos/ghs/ 👈カシオ電子ピアノ「セルヴィアーノ グランドハイブリッド」HP

2017/08/16
当教室がカシオ電子ピアノ・セルヴィアーノGH小冊子Vol.5にインタビュー掲載されました!

報告が大変遅れてしまいましたが、今春のカシオ電子ピアノ店頭配布用小冊子Vol.5インタビュー記事に、教室の生徒さんと共に載せていただいています。写真は、小冊子表紙と、ショパン4月号記事の写真です。
転勤族のご家庭や様々な事情で、アコースティックピアノをお持ちになれない方、80キロと軽く移動に便利で、30万円以下でグランドタッチを学べ、購入における様々な問題もクリアしやすい機種(電子ピアノ)だと思います。
楽器店など店頭で見られましたらぜひご覧になってください♪

http://music.casio.com/ja/products/digital_pianos/ghs/cafe/vol5/reason.html

2017/05/21
2017年春の教室演奏会を終了して・・・

無事に、5月7日教室の演奏会を終えました。たくさんのご来場と暖かい拍手に感謝いたしております。

今年は、2台ピアノのため前日からホールを借りて調律していただき、とても良い音色で華やかな会になりました。

門下生の頑張りを拝見していますと、目標を決めて期日に間に合うように準備する経験は、ピアノ演奏だけでなく将来大きく役に立つことと感じました。

リハーサルも入念に、最後の追い込みを頑張られた方も多く、演奏の皆さんが大きく成長をされて、ご本人も周りも嬉しいお顔で終了できてとてもよかったです。 ご来場いただいた皆様のご清聴にも、感謝いたします。

またこれからも、応援よろしくお願いいたします♪ ヌーベル・ベルデュールピアノ教室

 

 

兵庫県伊丹市のピアノ・ソルフェージュ教室

ヌーベル・ベルデュールとは、フランス語で「新緑」という意味があります。
春の訪れと共に、全てのものが輝いて見える中で、ひときわ目にしみる、萌える新緑の美しさは、私たちに新たな安らぎと活力を与えてくれます。
子供たちがこのようにさわやかで、生き生きと伸びていき、少しでも人々の心に響く音楽創りが出来る人に育つよう、願いをこめて“ヌーベル・ベルデューピアノ教室”と名づけました。

イメージ

ご縁があった生徒さんひとりひとり、将来ピアノを習っていてよかったと思っていただけるよう、導入、初級の方は音感育成、手作り指作り、読譜訓練に多く取り組み、効率のよい練習方法を丁寧に指導し、出来るだけ最短距離でピアノの上達を目指します。
テキストは導入から中級まで、色とりどりで見ても楽しく大変内容の濃い、バスティンピアノメソードや、様々なソルフェージュテキストを使用し、楽しくピアノの基礎を身に着けていただいています。
進度は生徒さんの練習量によってまちまちですが、どんなお子さんでも将来先生なしでピアノを楽しめる、使えるピアノにしていただくことが目標です。

イメージ

大人の生徒さんには、いろんな職業の方、いろんな学部の大学生、ピアノ講師の方が多く、質のいい外国製グランドピアノでのレッスンで多くの発見をされ、最近は音大に行かないとなかなか経験できないピアノと他楽器とのアンサンブルも楽しまれています。

様々なニーズに少しでもお応えできるよう、コミュニケーションを大切にしながらピアノレッスンをしています。どうぞお気軽にご相談ください。

レッスン案内

  • 発表会&クリスマス会
  • アンサンブル体験
  • PTNAピアノステップ
  • ピアノコンクール参加希望の方

詳細

講師紹介・教室案内

講師のプロフィールとヌーベル・ベルデュールピアノ教室のご案内。

詳細

初めてピアノを習われる方へ

子供たちの毎日の練習を習慣にする事の大切さはわかってはいるけどなかなか・・・大丈夫かしら、続くかしら?
というお気持ち、よくわかります。
今のお子さんは習い事も多く、お忙しいですね。
ただ、ピアノの場合まったく練習なしの上達は誰も見込めないのは現実・・・毎日やらなきゃと追い込まず、1日は休んでも2日以上あけないを目標に、少しずつトライしましょう。

お母様の興味関心があるなしが、お子様の成長の度合いに大きな影響がありますので、当教室では10歳頃までは出来るだけピアノのレッスンについてきてくださるようお願いしています。
お子様が頑張られた事、良くなった事を講師もその都度ほめますが、お母様の頑張ったね!すごいね!はお子様に何倍もの威力があります!誰もかないません(笑)。レッスンを見ていて進歩したと気づいた事、よかった事、どんどんほめてあげてください。

難しくて、弾けないところはあって当然。だから先生が必要なのですから、その都度、出来るだけ楽にピアノがマスターできる練習方法をお教えします。

当教室では、導入からソナチネに入るまで、アメリカの作曲家バスティン先生が作って世界14カ国以上に翻訳されている、子供の心理と発達を考えたバスティンピアノ教本を使っています。
親世代が習ったバイエル一辺倒より、はるかに楽しく、次々現れる曲が似通ったレベルで短いので、楽にたくさんの曲が弾け、簡単そうに見えて内容がかなり濃いものです。ピアノの上級レベルに通じる基礎力が知らず知らず身に付き、昔の導入教材のみで習った方よりも中級以降、楽に進められる場合が多いです。
レッスンでは年齢に応じて、読譜や指作りのための面白そうなグッズも登場します。(主に吉澤クラス)

中学、高校生である程度基礎力が身についた方で、ポップスのほうがやる気になる方は好きな曲を練習曲などにプラスして楽しくレッスンしています。
本格的に音楽に関係する高校、大学へ進みたい方は早めにご相談ください。音楽の世界のいろんな状況をお話させていただいた上で選択される場合、目標までを逆算しながら夢の実現へのお手伝いをさせていただきます。

まずは何より、音楽って楽しい!を伝えられる教室でありたいと思っています♪